086-697-6616
まずはお電話でご予約ください

メールでのご相談予約はこちら

弁護士法人あおば中央法律事務所 交通事故

交通事故

ホーム主な取扱業務交通事故

このようなお悩みはありませんか?

  • 交通事故に遭い、任意保険に弁護士費用特約がついているが、いつどのように使用してよいかわからない。
  • 交通事故にあったが、これからどのように進めればよいかわからない。
  • 怪我で仕事ができず、生活に困っている。
  • 過失割合や保険会社の提示する賠償額が妥当なのかどうか教えてほしい。
  • 後遺症が残りそうだが、どのように手続きをしてよいかわからない。
  • 治療の打ち切りと示談を迫られているが、疑問がある。

交通事故

交通事故の被害者が十分な賠償を受けられるように

交通事故の被害者となってしまった方にとって、突然、交通事故に遭い怪我を負って、通院治療をしながら保険会社や相手方の弁護士と直接交渉することは、心身ともに大きな負担となります。
ご相談者の中には、わずらわしい示談交渉から早く解放されたいと思うあまり、保険会社から提示された示談金額をそのまま受け入れてしまう方も少なくありません。

しかし、相手方加入の保険会社との交渉には、注意が必要です。専門知識に基づいた適切な判断をしなければ、予想外の不利益を被ってしまうことになりかねません。
怪我の大小にかかわらず、手続きの中で少しでも不安がある場合は、まずは一度ご相談ください。適切な過失割合や損害が認定され、被害者の方々が十分な賠償を受けられるよう努めます。

弁護士費用特約にも対応しています

保険に弁護士特約がついていれば、ほとんどの場合、補償上限額(一般的に300万円)の範囲に収まるため、自己負担0円で弁護士に依頼することが可能です。
ご自身だけではなく、ご家族が加入している自動車保険の特約が使えるケースもあります。

弁護士法人あおば中央法律事務所では、相談料、着手金、報酬金などの弁護士費用を、弁護士費用特約を利用してお支払いいただくことが可能です。
一定の基準よりも収入の少ない方については、法テラスの民事法律扶助制度を利用して、無料法律相談を受けることができます。お気軽にご相談ください。

弁護士法人あおば中央法律事務所の交通事故サポート内容

1. 示談交渉

相手方加入の保険会社との交渉は、弁護士が引き受けますので、当事者同士で直接会話をする必要がなく、交渉に同席していただく必要もありません。
当事務所では、軽微な物損案件から後遺障害等級を争う難しい案件や死亡案件まで、多種多様な案件を取り扱ってきた経験がありますので、安心してお任せください。

2. 損害賠償請求

交通事故の被害者が受け取る損害賠償金には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判基準)という3つの基準があります。任意保険基準は、加害者が加入している任意保険の支払い基準で、自賠責基準よりは高いものの、保険会社の都合で決められた金額です。

自賠責基準や任意保険基準の金額では、被害者にとっては納得のいかない金額となることが多くあります。適切に弁護士基準の賠償金額を得るためにも、弁護士にお任せください。

3. 後遺障害等級認定

後遺障害は、一般的には治療が進み、いよいよ症状固定という時期になって初めて問題になるものです。しかし、適切な賠償金額を得るためには、事故直後から後遺障害等級認定の申請をする可能性があることを念頭に置いておく必要があります。事故後、できるだけお早めに弁護士へご相談ください。

当事務所は、主治医の協力を得ながら、ご依頼者が適切な後遺障害等級認定を受けられるよう、親身にサポートいたします。

弁護士費用

示談交渉着手金の目安 10万円~(別途消費税)
(ただし、弁護士費用特約を利用できない物損事故の示談交渉に限り、着手金無料)
損害賠償請求訴訟着手金の目安 24万円~
(ただし、300万円を請求する事案。別途消費税)

交通事故特設サイトはこちら

page top